上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングのワンちゃん部門に参戦中!
下のバナーをポチっと一押し願います!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ
にほんブログ村

一押しの応援ありがとうございました♪♪


RSS
昨日ダイワへらマスターズ2006に出場した。
結果は・・予選敗退!
今年もだめだった~  (生まれて初めて絵文字を使ってしまった)
朝7時競技開始。釣り始めはよかった。餌が朝のへらにはピッタリ合ったようで続けて何枚か釣れた。この時点では「今日はいける」と思っていた。しかし、1時間経った頃から餌が合わなくなる。餌の配合を変え、練り加減を変え、あれこれ試したが合わず、迷いの釣りになってしまった。結果は予選通過ならず。
今年のへら釣りは、今回が最後になるだろう。来年何度釣りに行けるか分からないが、次回へらマスターズにも参加する予定です。何事も100%不可能ということがあるとすれば、それはチャレンジしないで逃げた時だけです。1%の可能性でも、チャレンジすることでチャンスはあります。でも、努力しないといけないですね・・。

今回のへらマスターズには、前田建治も参加した。彼も予選通過しなかったが、最後に幸運が訪れた。表彰式の後に抽選会が行われた。要らない景品も有ったが、欲しい景品も有った。景品は多数用意されたいたので何か当たるだろうと思っていたが、二人とも何もあたらない。表彰台に有った最後の景品。それは高価なへら竿だ。最後の景品は、ジャンケン大会。200人参加の大会だったので、帰った人がいても最低100~150人くらいはいただろう。最初は表彰台の親(親?マスター?なんと呼ぶのだろう?全員と戦う関係者)と全員が対決する。親に勝った人だけが勝ち残る。1回目のジャンケンでは、私も前田建治も勝ち残った。2回目のジャンケン。私はあいこなので負け。前田建治は残った。その後何度かジャンケンを繰り返し、残ったのは2人。その1人が前田建治!どちらが勝つか!前田建治の勝ちである。8尺の竿。それも以前から前田建治が欲しかった竿である。買えば数万円する。今回の優勝者も商品は竿だったが、それに匹敵する商品である。釣りの勝負に負けても、ジャンケンでトップになった彼は慢心の笑顔。私は全て負け。悔しい~!関係ない話ですが、前田建治はフルネームです。いつの日からか、フルネームで呼ぶようになってしまった。知らない人がいる所でもフルネーム。私が人に紹介するときもフルネーム。そんな彼は、昔はアクアショップesにはなくてはならないお客様でした。10年前くらい前は、ペアーで50万円という高級品種も飼育していた。その後、彼が持っていたお金を全部毟り取ると友人となっていた。(これは冗談です)35歳の独身。現在彼は、お嫁さん募集中です。
スポンサーサイト
ブログランキングのワンちゃん部門に参戦中!
下のバナーをポチっと一押し願います!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ
にほんブログ村

一押しの応援ありがとうございました♪♪


RSS
明日はいよいよダイワへらマスターズである。9月19日に試釣に行ったことは先日、日記で報告しました。その後、今週の10日(店がお休みに日です)にも試釣に出かけた。9月19日は、同行した前田建治に惨敗して昼食をおごることになってしまったが、今週の火曜日は・・見事敵討ちできた。生ビール2杯付きの昼食は・・うまかった!
明日は午前中200名で競い合う。4時間の釣りで、40名に絞られる。午後は午前中勝ち残った40名で競い合い、12名に絞られる。この12名が関東ブロック大会に出場する。
明日は地区大会となるが、全国7ヶ所で地区大会が開催される。全地区大会出場者は780名です。
ブロック大会は関東と関西の2ヶ所で行われ、ブロック大会で勝ち残った10名がシード選手と共に全国大会出場となる。
長い戦いとなるが、私の目標は明日の午前中の予選突破です。目標は低いかもしれませんが、過去2回とも予選敗退しているので、私にとっては高いハードルです。
準備万端!今日は早く寝て、明日に備えます。応援のメールを数人の方から頂きましたが、明日は頑張ります!
結果報告をお楽しみに!
ブログランキングのワンちゃん部門に参戦中!
下のバナーをポチっと一押し願います!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ
にほんブログ村

一押しの応援ありがとうございました♪♪


RSS
イタリアの友人、セバスチャーノを紹介しよう。彼はイタリアのシチリア島に住むディスカス関連の友人です。セバスチャーノは1992年までは、イタリアの普通のディスカスホビーストであった。92年にニューヨークで開催されたディスカスシンポジウムで、初めてゲーベル氏と出会った。当時ゲーベル氏は、ディスカス界のスーパースター的存在で人気者だったそうです。ディスカスイヤーブック92-93の、森さんの記事に写真が出ている。この時セバスチャーノはイタリアの友人と共にニューヨークに来たそうです。目的はディスカスシンポジウムです。セバスチャーノはゲーベル氏の熱狂的なファンで、ゲーベル氏のサイン会の時はとても緊張していたと言っていた。その後、ドイツのゲーベル宅に招かれるまで、ゲーベル氏に何度も手紙を出し、数年かけてゲーベル氏に訪問を許されたそうです。今では世界各国を共に旅する良き友人です。そんなわけで私もセバスチャーノと会う機会が多く、彼は日本へ何度か訪れています。
彼はいつでもスーツに身を包み、ネクタイは毎日替えます。おしゃれなのですが、どこかひょうきんで笑いの種をまく存在です。すしを食べに行ったとき、かに汁のフタを開けた瞬間にフタを閉じたことがありました。お椀の中身は渡り蟹がまるごと1匹。それもちょうどセバスチャーノの方を見ていたのです。セバスチャーノは味噌汁の中から自分を見つめるかにを見て、驚いたのです。その後、そのフタを開けることはありませんでした。その遺症でしょうか、その後お椀を開ける時は恐る恐る開けます。
彼は長年ゲーベル氏からディスカスを教わり、ゲーベルディスカスを飼育してきました。彼とゲーベル氏は師弟関係のようなもので、セバスチャーノが飼育するディスカスは、ゲーベル氏が許した品種に限られます。セバスチャーノが「インディアンサマーを飼育したい」と希望しても、ゲーベル氏は「まだ早い」と飼育を許可してくれません。彼が日本の私の店に来た時に「何でお前のところにはインディアンサマーはいっぱいいるんだ!俺も欲しいのにマンフレットは分けてくれない。」とぼやいていました。私は、「インディアンサマーは私だけではなく、日本のホビーストも飼育しているよ!あの人も、この人も。」と、わざと逆撫でするとそのリアクションが楽しくてたまりません。そんなかわいいセバスチャーノをご紹介しましょう。
DSCN0651.jpg

左は私。右がセバスチャーノです。おっさんです!
イタリアのディスカスコンテストの審査員を務めた時に撮影した写真です。
なんでいきなりセバスチャーノの話になったかと言うと、思い出したことがあったからです。
それはイタリア語です。
数年前にディスカス仲間とバリ島へ行ったことがある。ドイツ、イタリア、日本のディスカス人がバリ島に集結したのだが、第2次世界大戦の日独伊三国軍事同盟を思わせる集まりだ。
旅行中に私の誕生日があった。その日は私に内緒で、誕生日パーティを企画してくれた。そして、乾杯の音頭をセバスチャーノがとることになった。セバスチャーノが「乾杯」というイタリア語を皆に教える。そのイタリア語はなんと「チンチン」だった。乾杯が終わると私は日本語の意味を皆に教えた。皆、大爆笑!特にゲーベル氏は笑いのツボにはまってしまった。私は、日本へ来た時は注意するように教えた。日本人に「あの外人は変態か?」と思われるのを防ぐためである。その後何度か日本に来ているが、幸い逮捕されていない。
昨年、イタリアのディスカスコンテストの審査員を務めるため、イタリアを訪れた。もちろん、セバスチャーノも終日行動を共にした。そんなある日、又セバスチャーノが危険なことを言い出した。「オッタッタチンコクエ」だった。私は耳を疑った。それは何の意味か聞いてみた。なんとその意味は、85という数字だった。それもよく聞くと、「オッタッタチンクエ」が正しく、私の聞き間違いだった。でも、聞き間違いにしても、危険な言葉であることは間違いない。もちろん、日本へ来た時は注意するように伝えた。将来「チンチン」と「オッタッタチンクエ」が、危険な言葉としてイタリア語から消える日が来るかもしれないが、私の責任ではない。
 
ブログランキングのワンちゃん部門に参戦中!
下のバナーをポチっと一押し願います!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ
にほんブログ村

一押しの応援ありがとうございました♪♪


RSS
10月5日の夕方、無事にドイツから帰国しました。18時頃には、esに着いたかな?
インターナショナル・ディスカスチャンピオンシップにつきましては、熱帯魚雑誌で報告させていただきます。販売日が決まりましたらお知らせいたしますので、本を買って読んでくださいね。
9月28日はes閉店後に成田へ向かい、空港近くのホテルへ宿泊。29日の出発ですが、車で行く場合は駐車場が必要になります。空港近くにはいっぱい民間駐車場があるのですが、旅行期間中預けると費用は数千円かかります。29日は11時35分の飛行機なので、2時間前の9時35分には成田空港に到着しなければなりません。渋滞がなければ2時間程度で到着しますが、この時間では7時に出発すると渋滞にはまること間違いなし。かと言って、5時に出発すれば時間前に到着すると思うが、渋滞がなければ7時前には着いてしまう。とにかく朝の時間帯は、車で行くとなると何時間かかるか読めない。そこで最近は、出発日の前日に成田空港近辺のホテルへ宿泊することにしている。仕事を終えて、深夜にチェックイン。翌朝は、出発時間に合わせてチェックアウトすればよい。今回のホテルは1泊6352円でした。帰国までの駐車場代金は無料です。以前は空港近辺の民間駐車場を利用していたのですが、7日間くらいで5~6千円だったと記憶しています。今はもっと安いようですが・・。出発当日に電車で行くのもありですが、電車に乗りなれていない私が旅行カバンを持って通勤ラッシュの電車で行くことは、想像しただけで地獄のようです。空港近くのホテルは探せばけっこう安いので、海外に出かける前に利用してみてはいかがでしょうか。
今回はお客様3人とご一緒しましたが、29日に私と同便でドイツへ行くのは1人です。他1人は同日にドイツへ入国しますが、到着地はチャンピオンシップ会場近くのデュセルドルフです。彼はそこで1泊します。他1人は到着日は1日遅れの30日です。仕事のお休みを30日から10月9日まで取り、フルに海外旅行を満喫する作戦です。私と1人のお客様は、29日出発で同日フランクフルトに到着。ゲーベル氏に空港に迎えに来てもらい、ゲーベル宅に泊まります。お客様は少々緊張気味の様子でした。現地時間の夜11時を過ぎた頃でしょうか。睡魔に襲われます。そのはず、日本時間は朝の6時!寝ることにしよう。
翌朝は、5時に目が覚める。自然起床!時差ぼけです。ゲーベル氏の車でチャンピオンシップ会場へ向かいますが、ここから先チャンピオンシップについては熱帯魚雑誌を読んでくださいね。
別便でドイツ入りしたお客様2人とも無事合流して、チャンピオンシップ会場を後にしてレンタカーでゲーベル宅へ向かいます。ドイツのナビは高性能!迷わず到着します。ゲーベル氏はチャンピオンシップには1泊して、セバスチャーノ夫妻と共に自宅へ戻っており、日本人私たちだけでのドライブでした。
日記を書く時間がなくなってしまいました。
最後にゲーベルさんの孫娘“マダレン”をご紹介します。
IMG_2010.jpg

お人形のようなマダレンです。
マダレンルージュは、この子の名前から付けられました。
ブログランキングのワンちゃん部門に参戦中!
下のバナーをポチっと一押し願います!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ
にほんブログ村

一押しの応援ありがとうございました♪♪


RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。